高卒・中卒でも日本語教師になれる?

日本語教師を目指せる大学ランキング

MENU

高卒・中卒でも日本語教師になれる?

高校、大学進学していない方のなかには、高卒、中卒でも日本語教師として働くことはできるのか?気になるところでもあります。学歴社会の日本では高校卒業は最低限としていますが、大手会社になると大卒のみを受け入れているのが当たり前となっています。

 

ここでは大学を卒業していない方でも日本語教師を目指すことができるのか?また中卒、高卒学歴と就職の関係も検証してみましたので、参考としてみてはいかがでしょうか。

 

日本語教師の採用条件とは?

 

国家資格があるわけではありませんが、母語でない外国人に日本語を教えるにはそれなりの知識や能力が必要となります。そこで採用する一般的な条件として、以下に述べる3つの項目のいずれかが満たすことが求められています。

 

  1. 大学、大学院で日本語教育の主専攻、副専攻で修了
  2. 420時間以上の日本語教員養成講座を修了
  3. 日本語教育能力検定試験合格

 

その他に大学、大学院卒業を応募資格としている学校、企業もあります。

 

果たして中卒・高卒は日本語教師になれるのか?

 

能力検定試験の受験資格は、学歴や年齢など特に制限がなく、誰でも受けることができます。そのため合格すれば基礎的な水準が満たされていることが認定されますので、日本語教師として働くことは不可能ではありません。しかし、高卒ならともかく、中卒という学歴は採用のさまたげとなることが考えられます。どんな職業もそうですが中卒の就職が難しいのが現状としています。

 

そのため中卒で日本語教師を目指す場合には高卒認定試験に合格し、最低でも高卒学歴であることが望ましいとしています。また採用する学校によっては大学卒を条件としているところもあり、高卒でも就職の幅が狭まれることはあらかじめ考えておいたほうが良いかもしれません。

 

そこで中卒、高卒でも日本語教師になれないわけではありませんが、大学卒のほうが就職に有利なことは確かではあります。

 

しかし日本語ボランティアなら学歴はさほど重視されないことも多く、無償ではありますが中卒や高卒でも活躍することができます。そして経験を積むことでスキルアップすることができ、その後、日本語教師として働くことが期待できます。

 

中卒、高卒で日本語能力検定試験は難しい?

 

平成27年度試験の合格率は22.8%としており、出題範囲は広く、かなり難しい試験となります。そのため中卒や高卒で独学で合格を目指すには厳しいことが予想されます。そこで受験する人の多くは日本語教師養成講座420時間を受講し試験に臨むようです。

 

そして日本語教師養成学校を利用することで効率的に、短期間で合格できるまでの知識、能力を身につけることができるとしています。全国展開しているヒューマンアカデミーなら初学者でも分かりやすいカリキュラムで、最終的に日本語能力検定試験合格を目指すことができ検討しておきたいものです。

 

通信制大学で日本語教師を目指す!

 

大手前大学

 

  • 通学ナシで卒業可能
  • 最短一年で日本語教員養成課程を修了
  • 日本語教員ガイドライン に従った学習内容・実践的カリキュラム

 

大手前大学日本語教員養成課程(通信教育)は、正科生・科目履修生のどちらでも日本語教員の資格を取得することができ、オンライン学習ですのでいつでも、どこでも学ぶことができます。ですので働きながら日本語教師を目指すことができ、最短1年で課程修了することができます。

 

そしてここで勉強をしながら、日本語教育能力検定も受験している方が多く、テキストと動画で分かりやすいと口コミ定評があります。そこで高卒の方や、働きながら大学で日本語教員になるための勉強をしっかりしたい方は、通信制大学がおすすめで日本語教師の資格取得と同時に大卒も目指すことができます。