学習女子大学、日本文化学科の評判

日本語教師を目指せる大学ランキング

MENU

学習女子大学、日本文化学科の評判・口コミ

ここでは東京都心にある学習女子大学、日本文化学科の評判、口コミに注目し、特徴や魅力を紹介していますので、日本語教師を目指す女子学生は参考としてご覧下さいね!

 

学習院女子大学の日本文化学科について

 

“グローバル化”がキーワードとなる21世紀で活躍する“女子のリーダー”を育成を目的とし、文化に重点をおき語学力を高めるだけではなく、日本・海外の文化への国際理解を深めます。

 

  • 特徴:日本文化の伝統と特性を学び、世界に発信できる語学力、コミュニケーション力を身につける
  • 学べる学問:歴史学、文化人類学、日本文化学、国際関係学、日本文学
  • 目指せる仕事:地方公務員、営業、経理、一般事務、日本語教師、フロントクラーク、学芸員、中学校教諭、高校教諭
  • f-Campusで多様な科目を学べる
  • 就職率/内定率 98.9 %

 

日本を学ぶ共通科目では国際交流に必要な語学力を磨くと共に、外国文化を知り、また日本の伝統文化を学ぶこともできます。そして伝統文化演習科目群では、茶道、華道、書道、香道、有職故実などの実技を実際に体験することで、世界の人に日本文化を説明できる高い能力を養うことができます。

 

学ぶ内容・カリキュラムが魅力のf-Campusとは

 

学習院女子大学、学習院大学、日本女子大学、立教大学、早稲田大学の5大学単位互換制度で、協定他大学のキャンパスに直接出向き、多様な科目を履修することができます。

 

充実した海外留学制度と語学研修

 

  1. 英語コミュニケーション学科のカナダ留学の他に、全学科の学生を対象とした長期・短期海外プログラムを豊富に用意
  2.  

  3. 長期では、世界14ヶ国・地域の20大学の名門校と協定を結んでおり、毎年学生たちが協定留学生として派遣
  4.  

  5. 短期では、語学研修をはじめ、欧米の国際機関などを訪問して講義と討論を実施する研修や援助活動を通じて現地の実情を理解する国際協力研修など多岐にわたる

 

学習女子大学、日本文化学科は就職に強い?

 

就職に力を入れている女子大として学習院女子大学は就職に強い大学として各メディアで上位に続々とランクインしています。こちらでは1年次から卒業後の将来を見据えたきめ細やかな支援体制を整えており、その結果、高い就職実績へ結びついているようです。

 

そして少人数制の利点を生かして学生一人ひとりのニーズや個性に応じた個別指導や、卒業生組織の協力による面接対策セミナーの実施や内定者報告会など、アドバイスを受けられる様々な講座を設けているのも特徴としています。ちなみにキャビンアテンダント(CA)、銀行などは全国1位の実績としています。

 

また学習女子大学では日本語教師を目指すこともでき、必要な知識はもちろん海外留学では外国人との交流により英語力を身につけながら、コミニケーション力や異文化を学ぶことができます。また、伝統文化演習の体験は海外の人に日本の文化や風習を発信することができるとして好評があります。

 

そして学習女子大学、日本文化学科の口コミ、評判は、カリキュラムや講師の質などはもちろん定評があり、早稲田駅、高田馬場駅からも通いやすい大学で、女子大ならではの華やかさもあります。