金城学院大学、日本語文化学科の評判

日本語教師を目指せる大学ランキング

MENU

金城学院大学、日本語文化学科の評判・口コミ

愛知やその近隣に住んでいる女子のなかには、大学進学により日本語教師を目指そうとしている方もいるのではないでしょうか。グローバル化が進み今後も将来性が見込まれることから、なりたい職業の一つとしている学生もいることでしょう。

 

そこでここでは名古屋市にある金城学院大学日本語文化学科の口コミ&評判に注目し、魅力や日本語教育のカリキュラムなどまとめていますので、大学選びの参考比較としてみてはいかがでしょうか。

 

日本語日本文化学科の特徴

 

  1. 日本文学の世界をとことん探究する
  2. 茶道や狂言など伝統文化を体験学習
  3. 就職支援のための科目群を新設

 

世界を魅了する文化を築いてきた日本人の感性と創造力を学ぶことを特色とし、古典から近現代ミステリー、論評まで各時代の名著を研究することで、日本人のものの見方を読み解きながら想像力と思考力を養うことができます。

 

そして日本の伝統文化を各界の達人から直接その作法と精神を学び、美的センスを磨き、1年次からは就職に向けて視野を広げるとともに、IT活用スキルなどを身につけることができます。そこで金城学院大学日本語日本文化学科は、司書課程・司書教諭課程/学芸員課程/教職課程/日本語教育課程など進路により専門性を高めることができるカリキュラムが用意されています。

 

金城学院大学で日本語教師を目指す!

 

日本語学・日本語教育コース
日本語の不思議を言語学の観点から徹底的に研究して解明し、魅力を再発見することができます。そして外国人に日本語を教える日本語教師への夢も応援。3、4年次には海外での日本語教育実習も実施します。また日本語教育能力検定試験の取得も目指すことができます。

 

そして日本語教育課程の必須科目は、日本語学概論(1)(2) 日本語学講読(1)(2) 日本語史(1)(2) 日本語学講義A B C D Eなどがあり、日本語を学ぶ人の年齢や生活背景に合わせて、効果的に教える技術を身につけることができます。また本学科が育てるのは日本文化にも詳しい日本語教師を目指し、言語だけでなく文化や歴史、風習なども合わせて外国人に伝える知識も学ぶことができます。

 

そのため金城学院大の日本語日本文化学科の専攻により、日本語教師に必要な知識、能力を身につけることができ、国内のみならず海外でも活躍することが期待できます。

 

口コミ、評判に注目!金城学院大学日本語文化学科

 

  • 施設は全体的キレイで設備も充実
  • 駅から離れているので利便性はあまり良くない
  • 普段触れることのない伝統文化が経験できる
  • 日本文化、日本文学に関する基礎から応用まで学べる
  • 就職率も良く、サポート体制があり安心

 

女子大ならではの華やかさがあり、面倒見が良く、親切、丁寧な先生が多いようです。また建て替えられたばかりの校舎は、学習しやすい環境でキャンパスライフも充実して過ごすことができるようです。その反面、最も多い口コミが駅から遠く、坂道があることなどアクセス、立地について通学しにくいというコメントが多いようです。しかし駐車場も完備していることから車の利用も可能としています。

 

そして1,2年生は学部の必修科目が多く、主に日本文化に関することや日本語に関する基礎を学ぶことができ、実りのある学びとして口コミ定評があります。そこで名古屋市にある金城学院大の日本語文化学科評判は、日本語教師を目指す学生にとって評価は高く、在学中に日本語教育能力検定試験合格も期待できます。