日本語教師になりたい!大学VS専門学校

日本語教師を目指せる大学ランキング

MENU

日本語教師になりたい!大学VS専門学校

国内や海外で日本語と日本文化を教える日本語教師は、働くために必須となる資格はありませんが、専門的な知識と技術が必要となります。そのため誰でもすぐに教えることができるほど簡単な職業ではありません。そこで様々な手段によりスキルを身につける人がいますが、そのなかで日本語教師になるため大学か専門学校のどちらにするべきか迷われている方は少なくないようです。

 

大学進学で日本語教師になる!

 

  • 4年間在学中に日本語教育の専攻・副専攻
  • 単位を履修して日本語教員養成課程修了
  • 海外研修・留学生との交流
  • 中学・高校の教員免許取得も可能

 

大学4年の間には必要な知識や日本語そのものを学ぶ時間を十分に取ることができ、在学中の様々な経験は日本語教師としてプラスになることが考えられます。そして日本の伝統や歴史、現代文化についても理解を深めていくことができ、世界各国の文化や歴史も学ぶことで、国際的な視点を養うことができるのも大学のメリットとなります。

 

また中学・高校の教員免許取得を目指せる大学もあり、日本語教師に迷われている方も柔軟に進路を変更することもできます。そして多くの企業では4年制大卒を採用の条件にあげている所が多く、日本語教師においても必須としている民間学校もあり、大卒の学歴は就職の際にはとても重要になることが考えられます。

 

卒業して即戦力として活躍するために、大学在学中に日本語教育能力検定試験の合格や、日本語講師養成講座の履修を目指してスクールに通う大学生も多くいます。

 

専門学校で日本語教育を学ぶ利点

 

  • 日本語教師の育成プログラムで専門的に学べる
  • 日本語教育能力検定試験の合格を目指せる
  • 教案作成や実習などの実践力も身につけられる
  • 初学者からでも始められる講座もあり

 

卒業してすぐに教壇に立てるまでの知識、能力、技術を備えるカリキュラムを提供しているのが日本語教育養成学校、専門学校となっています。大学のように4年という長い期間でなく、初めて学ぶ方でも1年間の受講でスキルを身につけることができます。

 

しかし一般的な採用条件はクリアできるもの、公的機関や海外の語学学校、国内の民間学校では4年制大卒を条件としているところもあり、就職の幅が狭まることも予想されます。そこで大学と比較すると専門学校は、日本語教師について最短、低料金で学ぶことができるのがメリットとなります。

 

そして学校によっては就職のサポートが充実しているところもありますので、活躍できる場は多々ありますので働く場所がないなど困ることはないようです。

 

日本語教師を目指せる専門学校おすすめはココ!

 

ヒューマンアカデミー日本語教師講座

  • 国内の主要駅近くの校舎がある
  • ①日本語教師養成総合講座
  • ②日本語教育能力検定試験解説講座
  • 就職・転職サポートシステム

 

全国で展開しているヒューマンアカデミーの日本語教師養成総合講座は、文化庁の「日本語教員の要件として適当と認められる研修」の基準を満たし、届出を受理された講座となっています。日本語教師養成総合講座は初学者対象で、1年間で理論~実践までバランスよく学習することができます。

 

また日本語教育能力検定試験解説講座は中級者向けとなっており、受講期間1回、6時間で合格を目指すことができます。そして何度か試験にチャレンジした方や独学で勉強した方など、ある程度知識がある人向けの講座となっています。

 

そこでヒューマンアカデミーは日本語教師に特化した専門学校として注目しておきたいもので、幅広い年代の方が通うことができます。そして大学とのダブルスクールで日本語教師のスキルアップも期待できます。