日本語教師を目指せる大学ランキング

日本語教師を目指せる大学ランキング

MENU

日本語教師を目指せる大学おすすめランキング

グローバル社会が急速に進むなか日本語教師の需要が高まり、能力を身につけるとして日本語養成学校や通信講座など利用する人が多くいます。また高校生で既に日本語教師を目指すのであれば、大学で学ぶことも一つの選択としています。

 

そこでここでは日本語教師養成に特化したおすすめの大学をピックアップしていますので、参考比較としてみてはいかがでしょうか。また在学生だけでなく、一般の方も利用できる大学公開講座も紹介していますので、現役の日本語教師や初学者まで必見となっていますよ!

 

日本語教師を大学で目指すメリット

 

日本語教員養成課程を修了するため、文化庁に基づいた授業科目を設置している大学が多くあり、そこで必修科目と自由選択科目を履修しすることで修了証明書が与えられます。そのため大学で日本語教師になるためのカリキュラムを受講することで、採用条件の一つである日本語教育課程の主・副専攻について満たすことができます。

 

また大学4年の期間は、日本語教師に必要な知識を学ぶ十分な時間があり、留学生との交流もまた実践的な経験として学べることがたくさんあります。そして入学金や授業料など高額の費用はかかるもの、日本語教育専攻以外のことも多く学べることも大学のメリットとなります。

 

また雇用する企業のなかには、大学または大学院卒が条件としているところもありますので、就職の幅を広げることができます。

 

大学の日本語教員養成課程修了証とは?

 

これは大学所定の課程を修了したことを証するものであり、日本語教員養成課程修了証は日本語教員の資格として公的に認定されるものではないことを知っておきたいものです。そこで日本語教育能力検定試験に合格することで、日本語教師としての能力水準を満たしていると認定されます。

 

卒業後に国内外の大学、教育機関、日本語学校、国際交流関連機関の職員など活躍の場を広げるには、在学中に試験合格を目指す必要があるようです。

 

日本語教師を目指せる大学はココ!

 

早稲田大学大学院日本語教育研究科

 

  • 日本語教育実践ワークショップ
  •  

    日本語教育の現場で遭遇する問題に対し、より実践的に即した問題解決型の講座となっています。公開講座受講生や日本語教育の現場で日々問題と向き合っている教師・ボランティア・行政担当者の方々向けにワークショップを行います。

     

  • 日本語教育学公開講座
  •  

    日本語・日本語教育に関心があり、主にこれから学習を始めようとしている方や学生、日本語教師の方、地域でボランティアをしている方、大学院進学を考えている方など、誰でも受講可能。2018年公開講座に注目!

     

  • インターネット公開講座
  •  

    学生、現職の日本語教師、ボランティアの方、大学院進学を考えている方を対象に、日本語教育の基礎的な知識や考え方・方法を中心にオンデマンドによる講座を開講。

 

早稲田大では在学生はもちろん、一般の人でも受講できる公開講座、ワークショップ、インターネット講座など開講しており、日本語教師を目指すまたはスキルアップできる大学として関心を高めておきたいものです。

神奈川大学

 

日本語教員養成課程〔全学部対象/横浜キャンパスで開設〕

 

神奈川大では日本語教育の専門知識、教授能力を修得させることを目的として日本語教員の養成課程を設けています。そして本学の学生が一人でも多く国際社会に参加し、時代の要請に役立つ人材になる機会を提供しています。課程修了者には卒業の際に修了証書が交付されます。

 

創価大学

 

  • 地方スクーリングは主要都市10方面で開講
  • 一部科目ではe-ラーニング(ネット授業)も実施
  • 日本語教員養成コースは大学学部日本語教育副専攻420時間に該当
  • 日本語教師採用情報案内

 

一流講師によるスクリーン通学とネット授業で効率的に学習することができます。そして創価大の日本語教員養成コースは、教育学部のコースのひとつで、小学校・中学校・高校教員の教員免許もめざすことができるのも特徴となっています。